シイラとの遭遇

AUTHOR

    Lancia

    初級者釣り人。釣りの下手さは地獄レベル。 バス釣りをメインに様々な「釣り」に挑戦中! 上手くなりたいorz...

シイラとの遭遇

この日は、やや風があり多少うねりがあった。 前回LTルアーでサバを狙いに江の島から出船した時はべた凪だったのでギャップで船酔いの危機を感じた…。

シイラとの遭遇

参加した部員は、菊池部員(写真とってるから写ってない)、齊藤部員、ノーバイト君、とまぁいつもの釣りバカ小隊の面々。

シイラとの遭遇

初めての釣りなので…、なにを持っていったら分からず、ZEALのAMAZON BOXに手持ちでデカめのルアーを持ってきた。テラー90で釣りたいとか舐めた事を考えていた…。

シイラとの遭遇

慣れない釣りに、最初はトラブル続出…、PEが絡むぅうううう。

シイラとの遭遇

非売品のTeam BURITSUパーカー。この日も活躍しました (`へ´)

シイラとの遭遇

唯一の経験者、齊藤部員はいつもの安定感で。ゲット。

シイラとの遭遇

菊池部員は…、なんか船長に言われそう。 だって無茶な事するんだものwww

シイラとの遭遇

ノーバイトくんが釣り上げたシイラはちょうど100cmくらい。いやぁ…引いたなぁ…。 癖になっちゃうお。

シイラとの遭遇

キープ=いけすに入れる事だと思っていたら…お亡くなりになっていたので、持ち帰ってフライにして頂きました!

TACKLE DATA

ROD

Daiko VERGER VRCS76HPS

TIFA Gulfstream



REEL

Shimano TwinPower 5000HG

Daiwa Blast 4020PE-SH

シイラとの遭遇

2013.06.14

5月下旬、BURITSUの一部部員で、シイラ釣りに行きました。

釣行記をノーバイト君の目線でレポートしたいと思います!

妙な緊張感…

いつかはやってみたい釣り。カジキ、GT、、、
そしてシイラ…、なんか名前がヤバそうなシイラに憧れはあり、なんか見た目も凄し…。いつかは…と思っていたその日は思ったより早く訪れた…。

「シイラ好調!」「いつ行くの?今でしょ!!」みたいな記事を齊藤部員が見つけてきてw

これはいくしかないね!と小隊内で話して、即日程を決めて準備をする。

しかし、ノーバイト君の釣った事ある魚は、最大でも70cm程度…ルアーもバス、シーバス用の小中型のものしかない。
こんなので戦えるのか……? いや無理だ…。 という事で。いつもの上州屋 渋谷店さんへ。

ルアーがとにかくデカイ。。。

これから、経験した事もないモンスターと対峙するのだと少し怖くなってきた…。

ジャークベイト、ジグミノー、デカめのポッパーやペンシルを仕入れ、ラインやロッドを購入。
ロッドはダイコーのVergerにしてみた。リールはダイワのブラストたしか4020PE-SHというモデル。

釣行前夜は妙な緊張に襲われそわそわしていた…。はたして、結果やいかに…。

トラブル続出

平塚の庄三郎丸さんから出船。

すこし移動してポイントに到着、この間もお作法が分からずドキドキ…。 とにかくルアーをキャスト!!!

しかし…

慣れない釣りにトラブル続出…

なかなか釣り自体できていない…

この釣りはどうやらみんなでシイラの群れを探して撃つ。

という、全員の協力が必要らしいという事がなんとなく分かってきて、頑張って探すも…見つからない…
目が悪いノーバイト君、全く役に立たず…涙

最初の1時間は、齊藤部員が「あっ、居た!」と言っていても見つけられず…。魚が見えないからどうしようもない…。シイラという魚が本当に存在するのかさえ疑っていた…(´・_・`)

チャンスは突然に

そんなノーバイト君。リアルノーバイトだったが、そもそも魚が見えていないのだから、ノーバイトもなんもない…。そんな中、最大のチャンス到来!!今日イチなんとなく活性の高そうな群れに遭遇。齊藤部員が見つけて「ほらそこにいる!投げて!!」と言われて、言われるがままに、短距離戦。バチコーーン、シイラめがけてキャスト。

着水、ピンクのジャークベイトを2、3回ジャークした所で

きたぁああああああああああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーー!!!!

「おい、マジかよ…、かかっちゃったよ…。」内心そう思っていた…。なぜなら…、ぶっちゃけ掛かって欲しくないとさえ思っていた。PEとリーダーの結束部分など、不安要素がかなりあり、何故かビビっていた…。

「おぉ!?デカイかも?」 この船で唯一部員じゃなくて、経験も一番ありそうなお兄さんがそう漏らす。

みんなの視線が熱い…。バラすわけにはいかんのだ!!!バラす訳には!!! おい、待て。このタックルはリーダーが…20lbくらいだったな…、勘弁してくれ。。。シーバスジギングの時のシステム…。(※メインタックルはトラブルで放置してた時だったので) ドラグをゆるめると、ダーーーーーーーーっと走られてしまい…、5000番のツインパワー頑張れ!!とばかりにマキマキ。

なんとかよってきた… このまま一気にいけぇえええ!! 体も黄色くなってる!!

※シイラは疲れると体の色が青から黄色になっていくとかいかないとか。

あがってきたのは丁度100cmのシイラ。まずまずサイズ??初めてにしては上出来!!

この日、船中で初の魚だった。というかこの日はコンディションがイマイチで…。ボウズも覚悟しはじめていたから一安心。

無事、シイラとの遭遇を果たした…。

その後、菊池部員、齊藤部員もそれぞれ1本づつゲットし…。

さすが、齊藤SFS所長。バラしはあったものの、この日も部員の中で一番ヒットが多かった。

凄い数の…アレ…

しかし続かない…。 なんかもうアカン…。

と思っていたら…。 今まで見た事ない光景が!!!!

鳥山キタぁぁーーーーー!

未だかつて見た事ない鳥の数…。

いけるんちゃうん…。

いけんかった…、サバ祭り発動…。

サバが入れ食い…

これはこれで楽しかったけど、、本命さんはあたらず…

もうだめだ…、とダウン。

寝落ちしている間もみんなはシイラを探していたが結局群れを見つけられずこの日は終了。

皆でリベンジを誓ったのでした…、梅雨明け早々いこうず!!!!
つづく…

Photo:Takayuki Kikuchi

Text: Lancia Kitabatake