2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

AUTHOR

    Lancia

    初級者釣り人。釣りの下手さは地獄レベル。 バス釣りをメインに様々な「釣り」に挑戦中! 上手くなりたいorz...

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

ワンピースロッドも入るロッドケースに、スーツケース(中身はほぼルアー)、それにPCなど最低限にとどめたけどこの量…。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

こんな路面電車も居るのか!!! 機関車型路面電車。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

こんなアシのまわりにバスが…!? 期待とは裏腹にまったく反応はなかった…。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

トキ池に到着早々にキャッチっ! チビだけど「ボウズかも!?」という不安が解消された〜!

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

トキ池の一級ポイント(と後に知る)、この日はエクスプライド263L-S/2にセルテート13の1003を装着ラインは3か4ポンドとトラウト仕様。デカめがかかるとヤバいが…。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

蛇池のバスはこれがアベレージか!? 護岸の一部にある階段の先に水中に沈みものが見えたのでその辺りを探ると連発。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

爆発池、流石に対岸までは届かないので手前の護岸とウィードが基本的はポイントになる。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

1ピースのポイズンアドレナを遠征に持ってきちゃう位この人、気合い入ってます。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

夜、エギングで訪れたエリアにあった造船所。男2人居るものの、人っ気がない上に船がデカすぎて本当に怖かった…。 にしても愛媛はバス釣りよりもエギングや太刀魚釣りなどの方が盛り上がっている様子だった、エギングの有名ポイントは取っ替え引っ替えローカルアングラーが訪れていた。が、、なかなか釣れていない。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

エギングのエリアはこの辺、と上州屋に書いてあった…、が…、正直ポイントが無数にありどこがよいのかイマイチ分からない。外海は流れが早すぎて関東の釣りで対応できず…、漁港内とかは穏やかなのでやり易かったが、人が多くハイプレッシャー…。

TACKLE DATA

ROD: SHIMANO EXPRIDE 264ML-2

REEL: SHIMANO COMPLEX CI4 F3

Line: SUNLINE MachinegunCast 6lb

---

ROD: SHIMANO EXPRIDE 263L-S/2

REEL: DAIWA CERTATE 1003 / SHIMANO Twinpower 1000S

Line: GT-R nanodaX 3-4lb

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 初日

2013.11.09

11月上旬、2代目ノーバイトことトキ部員から遠征の誘いで愛媛県に遠征に行って参りました。
四国と言えば、野池パラダイス!! というイメージでしたが…、大分肌寒くなってきたこの時期、結果や如何に!?

ダブルノーバイト愛媛県に降り立つ!!

釣り具の買い過ぎ、釣りに行き過ぎて金欠気味な三十路な男子2名の旅は、旅費の節約が必須。
仕事の兼ね合いもあり、ギリギリまで行けるか!?決定出来なかった為に
愛媛県は松山への往路は高速バスの利用にしました。費用は1万円ちょっと、新宿〜代々木の間にあるバスターミナルに集合。

待ち合わせ時間にトキ部員が来ない!! やばいw 出発時間まであと3分だ…

トキ部員「駅についた!」

ノーバイト「急いで!!!」

やや強面の運転手さんに「すみません…もう少し待ってくださいm(_ _)m」と謝りながら待つ。
発車時間ぴったりに到着してなんとか乗り込んだ! 11時間位の長旅なので寝れないと辛い…。
そんな心配もすぐに吹き飛ぶのでした(^o^; 気付いたら松山付近。
レンタカーをピックアップし道具を詰め込み、初日の釣行スタート!! (この時点で9時位?)

※高速バスは長物の持ち込みが基本禁止なので2ピースロッドを中心に揃えるのが吉。

 この日は長いロッドケースをなんとか持ち込ませてもらえたが…、かなり迷惑そうであった…汗


松山駅につくと路面電車がお出迎え。

玉川ダム〜今治エリア野池

まずは、トキ部員が10年以上前に行った事があるという玉川ダムを目指す。

ポイントに入ってみるが…魚っけが無さ過ぎる…汗 10分程度で移動。

この時点で2人とも嫌な予感が過る…。「四国まで来てボウズ…」

iPhoneのマップアプリと睨めっこしながら、野池を探す。

玉川ダム近くに雰囲気の良い野池があったので、キャストしてみるが無反応。

インレットを見つけたのでその付近の岸際にキャストするとこの日初のバイト!!

が…バラし… 「あ”ーーーーーーーーーー!!!絶対バスだろ今の!!!」

と叫ぶ傍らでトキ部員もヒット。しかし2人とも魚を触れずに移動を決意。


久々の愛媛での釣りに高まるー↑2人だったが…バスからの反応はない…。

トキ池

昔、いい思いをしたという池を曖昧な記憶を頼りに探しながら移動していると…、
偶然にもたどり着いた!!ここを“トキ池”と名付けた。

10年前と比べるとどの野池も護岸されており、明確なストラクチャが見当たらない。
護岸の傾斜のブレイク沿いにトキ部員がキャストすると早速ヒット!
なんとかボウズ回避!! が…、ノーバイト君は同じラインを通しても釣れない。


まずは野池アベレージサイズゲット!

同じ野池の対岸に移動する、こちらも明確なストラクチャは見当たらない…、
コチラ側は底が蛇籠の様になっており、ボトムをトレースすると根がかりする為、底を攻めるのが難しい。
キャストしながら移動すると、人工的に作られた壁で2面形成されているポイントを見つけた。

この日まだノーフィッシュのノーバイト君。
ロスト覚悟でスモラバにシザーコームを装着し、壁際スレスレに落とすとすぐにバイト!!
上がってきたのは35cm程度のバス。 オッシャー!!! なんとかボウズは逃れた。
が、ひたすら根がかりするので、この池を去り新たな野池を探しにでる。


蛇池

近くにあった蛇池も護岸沿いしか釣りが出来そうになく狙い辛い…、
ここで気付いた事。「護岸された岸ではちょっとした変化にバスがつき易い。」
護岸されている野池の場合、大概は階段の様なものが何処かに数カ所ある。
その階段の延長線上にルアーを落としてボトムをトレースすればサイズはともかく必ず1尾はゲット出来る筈。
蛇池で3匹程あげて、次なる池に移動。


反応が弱かったので、3inchセンコーを投げてみると護岸された壁の角でヒット。

爆釣池

その名も“爆釣池”ここは…、凄かった。
着いて早々、足下にキャストするとチビがワームを引ったくる。
その後もシェードの奥にぶち込んだり、ウィード周りにルアーを落とせば高確立でひたすら釣れる。
やや奥まった場所にあるせいか? スレてない。


トキ部員が釣り上げたので撮影してあげるよ〜と、ルアーを放置して撮影しようとすると…、ダブルヒット!! めちゃくちゃ釣れました…。

この池の中でも特にウィードの濃いポイントでウィードギリギリにワームを落とし引いてくると
1キャスト1バイトという感じ…。流石の四国。 ものすごい。 恐らくこの池だけで2桁突破
恐らく、この池に入ったタイミングが時合だったのか、日が落ちて来ると反応が鈍くなり。移動を決意。

再びトキ池へ、そこで…!?

暗くなってから、この日1番サイズのよかったトキ池に再エントリーしてみる。
35アップがヒットした場所にルアーをキャストすると!!!!
バイト!

「デカイ!」 やばい…やばい…。

ライン3lbかも…、

ジジジ… プツッ…。

ラインブレイク。30後半、もしかしたら40位ありそうな重量感だった…。
その後沈黙したので、この日の釣行は終了。

晩ご飯はカキフライを頂いて、初日の反省会。
やはり、シザーコームのノーシンカーや、3inchグラブのジグヘッドなど、
関東の主力を使用すれば簡単に魚を取れる。しかしそれでは意味がない!
残りの2日はサイズアップをはかりたい、その為に翌日は最終日に向けて丸1日ランガンして
野池の調査する事を約束し、別れる。 と…思いきや。


お昼ご飯も食べずにキャストし続けていた2人…夜るご飯をがっつり食べながらも、反省会&作戦会議

ノーバイト「俺、エギングかシーバス狙ってみようかな?」

と言い出して、近場の上州屋へ、釣り具やエギなど調達して…
まさかのエギング。 が、潮が早すぎて対応しきれずノーバイト。
この辺りの釣り方は自分の少ない引き出しにあるエギングのノウハウでは対処できなかった…(涙

朝方になってしまったので車中泊をし、トキ部員を実家に送り届け別れる。

2日目に続く…。