2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

AUTHOR

    Lancia

    初級者釣り人。釣りの下手さは地獄レベル。 バス釣りをメインに様々な「釣り」に挑戦中! 上手くなりたいorz...

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

野池での初40アップ! 夢に迄みていた魚がまたココに!!西湖の魚より小さいけど、遠征先で出せた事にとても満足、しかもなんとなく色々考えた結果でた魚だった事も印象深い。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

その後も、同じワームでぼちぼち釣れる、ワームのサイズが大きくなるとやはり釣れる魚も少し大きめが多かった印象。もちろんチビが食って来る事もあった…(^^:

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

昨晩訪れた造船所エリアに来てみた、昼間だと怖くない…、けど凄い光景に圧巻された。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

ここは川ですか!?という位早い流れ、そしてそれが複雑に流れている。こんなんじゃ私には手が出ません…(´・_・`)

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

移動して磯もあるエリアへ。この辺はやや流れが穏やかだけど、相当遠投しないと難しそう、昨晩エギをロストして2.5号しかなかった為、攻めるのが不可能だった…(´;ω;`)ブワ

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

野池をクルマでランガン!こんな雰囲気の良さげな池は結構沢山あるけど、実際使えるポイントは少なかったりする。ネットの情報だけでなく、実際に足をつかって調べないと分からない事も多数ある。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

オープンスペースを探っていくが反応なく、宮城アングラーズヴィレッジで会得したイモグラブのスキッピングテクニックで、カバーのしたにイモを落とすと速攻ヒット。キャスト精度の重要性を改めて感じる。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

雷魚が釣れそうな池。

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

めちゃくちゃ小さいがグラブのテキサスリグで釣った1尾、テキサスリグは敬遠がちだったけどこの日以来主力にw

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

ここは釣り禁止池ですが、レイダウンがカッコ良かったので写真だけパシャリ。周辺が開発されていて水も干上がってました(^^; こうやって全国の野池がどんどん無くなっていってしまうのですね…涙

TACKLE DATA

ROD: SHIMANO EXPRIDE 264ML-2

REEL: SHIMANO COMPLEX CI4 F3

Line: SUNLINE MachinegunCast 6lb

---

ROD: SHIMANO EXPRIDE 263L-S/2

REEL: DAIWA CERTATE 1003 / SHIMANO Twinpower 1000S

Line: GT-R nanodaX 3-4lb

2013バス釣り四国遠征 愛媛県 2日目

2013.11.10

四国遠征の初日は良い野池を見つける事が出来て、数はそれぞれ20尾以上
しかしサイズは最大で35cmちょっとという所。残り2日でサイズアップをはかるが…。

車中泊からの…

前日、エギングから車中泊で朝を迎え、既に8時を回っていた、
朝マズメをのがしちゃう!!

と焦りながらも…、「とにかく風呂に入りたい…」と近くの温泉施設を見つけ行ってみたが…
まだ営業していなかった…(´;ω;`)ブワ 近くにある池…と地図を見ると、最寄りがトキ池だと気付く!

さっそくトキ池の前日好調だったポイントに静かにエントリーした、
しかし、このポイントはボトムが蛇籠で根がかり必至。


この池の中でも一番ポテンシャルを感じたエリア、見えギル多数、時間帯によっては追っかけられているベイトの様な波紋も時々見えていたりした。

考えた末に導き出した答えは…
“蛇籠の穴よりも大きなサイズのワーム、それを水平フォールして使う事。”
単純だけど、なぜ気付かなかったwww この判断がこの日最大のグッジョブ!

そもそも、4inch以上のワームを使う事が基本頭にないノーバイト君。
思い切って、琵琶湖で買った5inchセンコーのラミネートカラー(ウォーターメロン×レモン)をオフセットフックに装着、ノーシンカーで使ってみる。

手前で動きをチェックすると、案の定水平フォールし、蛇籠の穴にハマらず、万が一穴に落ちてもすり抜けも良さそうだ。
さらに想定外だったけど、フォール時にロールアクションが発生し、ウォーターメロン部分とレモン部分のカラーがフラッシング効果を産んでる、動きもなんだか奇妙な感じで魚が食ってきそう…。


フックサイズが小さいがw 遠征に持ってきていたフックはこれが限界… 果たしてフッキングするのだろうか…

さらに、センコーは高比重の為、よく飛ぶ。
昨日狙えなかった、対岸の壁まで届いた、運良く壁に当たってストラクチャ近くの一級ポイントに偶然落ちた、しかも着水音も比較的静かに…。
とりあえずゆーっくりフォールさせようと、ラインを水に付けてすぐにラインをフリーにして出す。

あれ?なんか深いのかな!?ライン出過ぎだよな? と思ってロッドを立ててみると重い。
「うわぁ、1投目から根がかった~。」と思っているが、ラインが走ってる!?

マジかよ。

と思ってすかさずアワせる!!

からの

ジャーーーンプ!! 「げっ。デカイよ」
遠投しているのでまだまだ遠い、そしてヤツはデカい。

前日までは3-4lbの1000番ツインパワーを使っていたが、たまたま、朝6lbの2000番コンプレックスにリールを変えていた。
無理をしなければ捕れるはずだ。

しかし、さすがに怖いのでドラグを出しつつ、もストラクチャに巻かれない様に慎重にやりとりすると
姿を表した。手前の立ち木に突っ込みそうになるがうまく回避してなんとかキャッチ。

43cm。


一人だったので自撮り。恥ずかしくて妙な笑顔に…、そしてクリックすると妙の動きのノーバイト君アニGIFが。

心の中で「オッシャーーーー!!!」と何度叫んだ事か…。

少し震えてた。と思う。

・たまたまデカイワームをつけてロングキャストできた

・たまたま壁にいい感じに当たって着水音が静かになった

・たまたまストラクチャの近くに落ちた

・たまたまラインを6lbに変えていた

こんな偶然が重なってゲットできた1尾。
もうこの日終わってもいいやとさえ思いました(^o^;

いかんいかん、明日のトキ部員との釣行に向けてロケハンしておかなくては。

野池と瀬戸内海ランガン!

一旦温泉に入ってリフレッシュし。クルマでのランガン!!
地図と睨めっこしながら、いい野池を探す。

この情報を見ていたので
参考にしながら探していく。

魚が居るか!? スピーディに探っていかないと多くの池を回れない為、
ノーシンカーのセンコー、イモ、グラブのライトテキサスを基本として、その池のポテンシャルが一番高そうなポイントを少し撃って反応がなければ移動。
という流れを繰り返していきました。

初日の釣行で、1つの池の中でもっとも良いポイントは2-3あるかないか、そこを見分けるスキルが少し向上していたので
この日はとても簡単に魚を拾って行く事ができました。


いかにも魚が潜んでそうなポイント、なにより風景がアングラー心をつかむ!!

マップアプリに、ピンを打ち、「いい感じ」「釣り禁止」「魚居ない」等メモをしていき結構な数回れました。
この日のお陰で、“見極めスキル”がかなりアップした気がする! そして今迄ほとんど使わなかったテキサスリグの有効性を感じました、(今更かよ)
節約の為この日も車中泊。疲れ過ぎて気付いたら朝に…。

最終日につづく…

ヒットルアー

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ラミネートヤマセンコー
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ラミネートヤマセンコー

43cmをゲットしたのはこのワームのおかげ。自分にとってはこんなサイズのワーム冗談だろって感じでしたが…。
釣れるんですねぇ(^o^; このカラー、なかなか手に入らないっぽいので、通販でゲットするのが吉です。